品川プリンスホテル@品川プリンスホテルに泊まる

品川プリンスホテル@品川プリンスホテルに泊まる
品川プリンスホテルについてのブログです。品川プリンスホテルの情報が満載です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -

ホテルについて

品川プリンスホテルは、ホテル内に水族館、映画館、ボーリング等実に様々な施設があり、宿泊だけでなく観光地としても有名なホテルです。

客室数は、イーストタワー(旧本館)1,015室、ノースタワー(旧別館)257室、メインタワー(旧新館)1,736室、アネックスタワー(旧エグゼクティブタワー)672室の計3,680室を誇り、日本一の規模になります。

また、全室シングルの本館は、もともと修学旅行の宿泊のために建てられたそうです。

品川プリンスホテルには、「ブッフェレストランハプナ」というレストランがあり、1994年の開業以来都内の主婦を中心に不動の人気を得ていました。

そのレストランが、2007年3月に装いも新たに「リュスクダイニング ハプナ」としてリニューアルオープンしました。

店内は、広々としたフロアに高い天井、大きな天窓から降り注ぐ太陽の光は、とても店内を明るい雰囲気にしています。料理も、「かに」「ローストビーフ」をメインのホテルブッフェが、ランチだと2100円の格安料金で食べられます。

リフレッシューオープン後の「ハプナ」は、黒を基調とした内装で前の雰囲気とはガラリと変わりました。でも、フロアの広さや大きな天窓はそのままなので、明るい雰囲気はそのままです。

新しくなってからは、食材にもこだわり健康志向のメニュー構成になりました。子供と一緒に食べられるメニューがたくさんあるのは、子連れのママさんにとっては嬉しい限りです。

スポンサーサイト

品川プリンスホテルのハプナ

品川プリンスホテルのレストラン「リュクス ダイニング ハプナ」についてもう少しご紹介します。

ハプナは『“食”のエンターテインメント・リゾート』をコンセプトに掲げ、健康を意識した体に優しい料理を楽しんでいただく大人の美食空間にこだわっているそうです。

料理の種類が豊富で、昼は約60種類で夜はさらに約80種類の洋食・和食・アジアン料理・スイーツがあります。健康を意識したメニューが多く、特別栽培野菜や京野菜を中心に、総料理長が食材を厳選して選んでいるそうです。

ハプナは飲み物の種類も豊富で、各国のワインを厳選し約160種600本を常にストックしています。珍しいワインも充実し、それ以外にもミクソロジーカクテルというニューヨークやロンドンから広まったとされている飲み物もあります。もちろん、バーテンダーオリジナルのカクテルもたくさん揃っています。

食後の楽しみはやっぱりスイーツですよね^^ハプナのスイーツは、季節に合わせたデザートや、夜になるとスフレ・ワッフル等の温かいものも用意されています。ショーケースには色鮮やかなスイーツが華やかに並んでいて、食べるだけではなく視覚でも楽しむことができます。

品川プリンスホテルの新館がリニューアル

品川プリンスホテルの新館客室上層階(35階~37階)が、2007年春にリニューアルされました。


壁紙・絨毯・家具をモダンなインテリアイメージで一新し、特に35階~37階は今まで以上に上質な空間を提供するために、スタンダードルームとの差別化を図っています。
また、よりランクアップされたスーペリアダブルも新設しています。


品川プリンスホテル新館リニューアルの特徴として

①高速インターネット回線をご利用可。

②マッサージ機能を備えたシャワーヘッドを、35階以上の客室に設置。

③全室に地上波デジタル放送対応の、26インチ液晶テレビを設置。

④ドライヤーはマイナスイオンタイプを28階以上の客室にセット。

⑤寝具はデュベスタイルにてセット。

⑥36階の品川で最もすばらしい眺望。

以上のようなことが上げられます。

最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。